どれくらい?気になる太陽光発電のコスト

初期費用ってどれくらい?そんな疑問もスッキリ解決しましょう。

rainbow

売電について詳しくなりましょう

なんといっても、太陽光発電の魅力といえば、電力会社に売電できるということでしょう。
しかも、売電価格が高いので、家計にもかなりうれしいことではないでしょうか。
その売電について、もっとよく知っておきたいって思いませんか。
太陽光発電の買い取り価格は、すでに知っている人も多いと思いますが、現在は、1kwあたり42円なんです。
これは、かなり高額な金額ですから、とても魅力的ですし、高いお金を出して太陽光発電システムを導入しても、早く元が取れると言われています。
ただし、あくまでも現時点での売電価格であって、この価格がいつまで続くのかは全くわかりません。
1kwあたり42円と決まった時でさえ、ちょっと高すぎるんじゃないかって言われたくらいなんです。
それに、太陽光発電システムを導入している人はプラスになりますが、導入していない人は、電気代に影響することも考えられます。
ただし、この価格は太陽光発電システム単独の場合の話であって、今の段階であってもダブル発電とみなされた場合は、買い取り価格が下がってしまうこともあるので注意しなくてはなりません。
コマーシャルなどでも発電できると謳っている商品があるじゃないですか。
太陽光発電システムとほかの発電できるシステムを同時に使うとダブル発電となって買い取り価格が34円だとかもっと下がってしまう可能性もあります。
電気自動車に蓄電している人は、電気自動車に蓄えた電気と太陽光発電システムの電気を同時に使うとダブル発電とみなされることがあるので注意しましょう。
また、現在の買い取り価格が高いといわれていますから、これから上がることは考えにくく、むしろ、どんどん買い取り価格が下がっていくことが考えられます。
太陽光発電システムを導入するときに、売電契約をすることで売電が可能になるので、契約は忘れずに行いましょう。
買い取り価格を考えると、早めの導入がいいんじゃないかって思います。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>