どれくらい?気になる太陽光発電のコスト

初期費用ってどれくらい?そんな疑問もスッキリ解決しましょう。

rainbow

大阪府枚方市の太陽光発電補助制度

活断層問題で東京電力以上に電力需給の逼迫している関西電力管内では、大飯原発の今後次第では30%もの電力料金値上げ申請も辞さない関西電力にあって、クリーンなエネルギーで自家発電できる太陽光発電はできれば導入したいもの。
しかしながら関電管内最大の都道府県である大阪府やその中心である大阪市などは太陽光発電の個人住宅への補助に大変消極的で、大阪市などは維新の会によりそれまでの補助事業を廃止しながらもその部署役人だけはなぜか残っているという不可思議な状況が続いています。
そんな中、大阪府内でも生駒の山々の西に位置するため、やや日の出時間が遅れ1日数分は日照時間を損しながらも、高い建物が比較的少ない大阪のベッドタウン枚方市では、高い稼働率も期待でき、市独自に枚方市住宅用太陽光発電システム設置費補助金と題した太陽光発電補助金事業を行っています。
補助の条件は、国(J-PEC)の補助金である太陽光発電の出力1kW当たり最大35000円という補助金申請に通った者に限り、その内容は1kWあたり3万円で上限を3.3kW相当する10万円の補助金としています。
募集期限は平成25年3月までですが、予算件数を500件としており、これに達すると募集を打ち切ることとなり、平成24年12月初旬で残り70件となっています。
このほか枚方市では大阪府が実施している住宅用太陽光発電設備設置特別融資制度である最大150万円で年利1%、期間10年以内という融資も受けることが出来ます。