どれくらい?気になる太陽光発電のコスト

初期費用ってどれくらい?そんな疑問もスッキリ解決しましょう。

rainbow

機種を選定する

自宅に太陽光発電システムを設置した方の多くは、経済なメリットを得ることを目的として太陽光発電システムを設置されたでしょう。
現在太陽光発電システムの購入を検討されている方も同様でしょう。
数年前までは住宅用に発売されていた太陽光発電システム本体の価格が高額で、政府や地方自治体からの補助金制度も充実していませんでしたから、設置時に支払う太陽光発電システムの初期費用を回収するのに20年前後は必要でした。
現在は住宅用太陽光発電システム本体の価格が大量生産により安くなり、入手しやすくなったといえるでしょう。
さらに政府や地方自治体からの補助金制度も再生可能エネルギー活用の時代背景に合わせて充実しており、設置時に支払う太陽光発電システムの初期費用回収が10年~12年前後で可能になっています。
大阪府枚方市でこれから太陽光発電システムを設置される方は、メーカー選定や機種選定にあたって、太陽光発電システムの初期費用を安くしながら発電による経済的なメリットをより大きく確保できるよう、発電システムの品質や性能について十分考えて選定する事が重要になるでしょう。
太陽光発電システムの肝となるソーラーパネルの発電能力を測る基準がモジュール変換効率です。
この基準はソーラーパネルが受けた太陽の光を電気に変換する能力を数値化したもので、モジュール変換効率の数値が高くなるほどソーラーパネルの単価が高くなり、モジュール変換効率の数値が低くなるほどソーラーパネルの単価は安くなる傾向があります。